健康保険組合の財政

健康保険の給付は、年金保険のような長期にわたる給付に比べて給付期間が短いことから短期保険に分類されます。そのため、健康保険組合の財政は会計年度独立の原則に基づき、原則としてその年度の収入をもってその年度の支出をまかなうことになっています。

収入

健康保険組合の収入の大部分は被保険者と事業主が負担する保険料です。その他に事務費補助としての国庫補助金や雑収入などがあります。

支出

支出のうち最も多く占めるのは医療費などの保険給付費です。この他に保健事業費や事務費、予備費などがありますが、保健事業費は効果的な事業計画に基づいた健康管理事業を実現するための費用です。さらに高齢者のための後期高齢者支援金・前期高齢者納付金、退職者給付拠出金等の負担は、保険給付費に次ぐ大きな負担となっており、各健康保険組合の財政を一段と圧迫し、解散を余儀なくされる組合も年々増加しております。また、別勘定として介護保険制度を支援する介護給付費納付金があります。

用紙ダウンロード

各種用紙ダウンロードはこちらから

  • 健診関係
  • 適用関係
  • 給付関係